FC2ブログ

Home

るーみっく@やまだ

スポンサーサイト

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。

烏賊川市シリーズ(ミステリ)

烏賊川市シリーズ(ミステリ)
他作品なんですけど、東川篤哉先生の推理小説「烏賊川市シリーズ」が好きです。
すごいコミカルなノリで、笑いのツボ的にるーみっくに非常に近いものがあるなーと思いながらいつも読んでいます。
絵はひだりから戸村くん、朱美さん、鵜飼さんです。
戸村くんは事件巻き込まれ型の冴えない大学生というポジションで、五代くんに見えてしょーがないんですよ!
朱美さんもちょっと朱美さんに似てるし、鵜飼さんは変人ぷりがちょっぴり四谷さんにだぶります。
シリーズいろいろ出てますが「密室の鍵貸します」がおすすめです。
一作目にして大ピンチに陥る戸村くんと迷走する自称名探偵鵜飼さんの奮闘ぶりにハラハラしつつ笑えます。
謎解きも一級品の本格ミステリでおもしろいです。

犬夜叉

犬夜叉で好きだったエピ。

殺生丸チームのエピソードすべて。
殺生丸がだんだん人間らしくなっていくのが好きでした…
二度目にりんが死んだときの殺生丸の落ち込みようと生き返ったときの邪見の喜びようが、ああ~こいつら家族なんだなって心から思えました…

逆さ髪の由羅エピ。
(ん?なんか同じ名前の怪力女がいたような。)
もう由羅さまかっこいい!見えそで見えないきわどいコスチュームとさばさばした物言いがものごっつ好みでした。
腕とれても平然としてるし。

真由ちゃんのタタリモッケエピ。
とゆーか犬夜叉が現代にやってくるエピソードはみんな好きかも。
戦国時代もいいけど現代が舞台だと共感しやすいからいいんだよねーー

飛天満天エピ。
弟の心臓喰らう兄ちゃんに萌えた思い出…。
人外っぽいかっこよさもよかった!

続きで犬夜叉思い出語り。と愚痴。

Continue reading

凝縮

高橋先生の初期のお話は、(連載作品でも)1話1話がちゃんとオチてて
まとまっててスパイスがきいてて面白いですね〜。
短編作品の1作1作を読んでるみたいで、すごい濃さだな〜と思います。
(実際『うる星』は最初はそうだったらしいですね。入魂!)

るーみっくを(そして他の人のるーみっく考察を)読んでいて
びっくりすることは、『古典』を下敷きにしたお話が多いということです。
それでいて、ネタ元を知らないから解らないというわけでもなく、
でも知った瞬間には「そ、そうだったのか!!」と2倍楽しめるのです。
絵がうまいだけ、笑えるだけじゃなく、文学的で奥深いです。
先生はいろんなものに対する興味があったのですね〜。
こういう多才な人には憧れます!

らんま/考
古典の元ネタを発見できるブログさん。



わ〜〜んあたるの誕生日をもっと祝いたかったのに今週は時間がないです
しくしくしく

年齢

最近萌え語りとは程遠い話題ばっかりですね〜
楽しいけど、こういう楽しさを求めてたわけじゃないのに。しくしく。

るーみっくファンダムにいて驚くことといえば、若いファン(十代前半とか)
が多いことです。
13歳とか14歳の子がめぞん・うる星・らんまについて語っている。
実際に連載していたのが何年前かと考えれば、つくづくすごいことです。
いつの時代の人にも受け入れられる漫画なのだと思うと嬉しいですね〜。
そしてさらに思うのは、今の若い子って絵上手いなー!!ということです。
それでびっくりするんですよね。
「この絵で学生か!」「この絵の横で『テストが…』とか言ってる!」って。

私が小学生・中学生のときはもっと絵が下手でした。
特に小学生のときなんて、一番らんまに影響受けてたときなので、
「当時の私はこんな絵を描いてました」として紹介でもしたいとこですが
あまりにヘタすぎてそれすらためらわれるというレベルなのです。
インターネットは幅広いたくさんのハイレベルな絵が無料で
(雑誌とか買わなくても)簡単に見られて、上手い人の技を盗んで
自分のものにしやすいのかもしれないですね。(悪い意味ではないです)
自分と年の近い絵の上手い子もたくさんいるから、対抗意識という名の
向上心も生まれてくるのかもしれません。
私のときも、幅広い絵をたくさん見ていて目の肥えた子は飛び抜けて
絵が上手かった記憶があります。いいな〜

って、よく考えれば時代がどーとかは関係ないのかもしれないですね。
だって高橋先生がデビューしたのって大学のときですよ。
『勝手なやつら』、作画も書き込みも構成もハイレベルです。
昔はあんまり思いませんでしたが考えれば考えるほどおそろしい才能です。
20代でうる星とめぞんを描いていたなんて信じられません。
高橋先生って絶対〆切を破らないらしいですね〜。
それでいてモブも全部自分で描ききっちゃうんですよ。
デビュー以来今までずっと同じよなペースで黙々と描き続けてきた
高橋先生にとって、漫画家はまさに天職なのだろうな〜と思います。
ほんとにすごいな〜。

何より、
ファン同士の年齢の壁を飛び越えて、同じるーみっくを好きな者同士
一緒になって語り合える作品を作るというのが、すごいことだと思います。

Index of all entries

Home

タグクラウド

Return to page top

上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。