FC2ブログ

Home > 普通の語り > プライド

プライド

面堂ってプライド高いですね〜。
女性の前ではみっともないところを絶対に見せないというのがまさに
プライドの高さを証明してますよね。
でも、女性がいてもいなくても関係なく、人に不得手を指摘される
ということを面堂はすごく嫌がってると思います。
「面堂家の紋所にかけて!」「面堂家末代までの恥!」と、つねに名家の
嫡男として、兄として生きてきたので、弱味を持つということは本人に
とっては恥=許せないことだったんじゃないでしょうか。
煩悩サーフィンの時の『本当はサーフィンは得意中の得意なんだ!』とか
表面張力除去オイルの時の『本当は(泳ぎは)得意なんですよ!』とか、
自分が本当はそれをできるのだということをしつこく主張してますよね。
面堂が、勉強・スポーツ・武道と何でも得意なのは、プライドの力かも
しれませんね〜。
だからこそ暗所恐怖症と閉所恐怖症がより強いコンプレックスになっていて
『みじめっ子終太郎!』で特訓してまで直したがっていたのかなあ。
でもそういう弱味やそれを恥ずかしく思っているところも全部含めて
人間らしくて好きなんですが。


表面張力除去オイルの時は、あたるが『ぼくち〜っとも泳げなくて…』と
ころっと態度を変えてるのが対照的ですね〜。
後ろ楯(財力・権力)がないぶん、あたるの方が自由なんだと思います。
あたるはほんとにまんべんなく何でもできますよね〜。
アホだけど勉強ができないわけではないだろうし、運動神経いいし、
子供と遊ぶの得意だし、女の子に声かけるのは上手いし、優しいし、
何よりカリスマ持ちだと思います(特に後期)。
う〜んあたるに惚れそうになってきた。
『面堂から顔と権力をとったらあたるになる』と言われてますけど、
面堂にあってあたるにないもの、あたるにあって面堂にないものは
もっとたくさんあると思います。
背負って立つべきものが、育った環境が、自分に好意を寄せてくれる人
(この場合はあたるに対するラム)の存在が、それぞれの性格を変えさせて
いるのですね。興味深いです。
だからこそあたると面堂の組み合わせは見ていて飽きないんでしょうね。
大好きです〜。

Home > 普通の語り > プライド

タグクラウド

Return to page top