FC2ブログ

Home > 萌え語り > 原作におけるツボなあた若エピソード

原作におけるツボなあた若エピソード

迷路でメロメロ @4巻
暗闇でいだきあい親睦を深める(ちがう)あた若がよい。
あたるにしがみついて「わ〜〜〜ん」とやる面堂も情けなくてたまらん。
「体は正直だなあ、面堂?」も読みようによってはいかがわしい。

き・え・な・い ルージュマジック @17巻
あた若のちゅ〜!
アニメの、ちゅ〜してしまった後のあたると面堂の会話がまたツボ。
「おまえっ! 歯〜磨いてきたのかっ!」
「うるさい! おまえこそニンニクのニラレバ炒め食べてきただろ!」
(うろ覚え)
↑と背を向け合って言い合うんですよ。

愛と闘魂のグローブ @21巻
面堂をやたらなでなでするあたるが萌え。
アニメのいかがわしいなで方もよかった。(過去記事参照)

ザ・障害物水泳大会 @23巻
『怪奇・ミノ虫男』と『恐怖の納豆殺し』!
最近読み返して、あまりのいちゃつきっぷりにびっくりしました。
二人とも水着だしなぜか面堂が下だし。あ〜鼻血が出てしまう。
なんとこのお話はアニメ化されていないのですね。なぜだ!

宇宙からの侵略者 @26巻
あた(偽)若のちゅ〜!
ちゅ〜するときにあたるが背伸びしてるっぽいのがいいですね〜。
原作の二人は身長差があってすてきです。
あれは間接ちゅ〜ということになるのでしょうか?

あな恐ろしや、ワラ人形 @22巻
このお話、扉絵があたると面堂の二人だけなんですよ!!
憎らしげにあたるを睨む面堂が「振り回されてる」感たっぷりですてき〜。
内容の方でも終始あたるのことを(というかあたるが持っている
自分の人形のことを)考えている面堂にも萌え。
アニメの演出もたまらん。(過去記事参照)

思い付くだけ挙げてみたらなんと6つもありました。
自分で言ってて何ですが、るーみっくほど『萌え』という言葉と
懸け離れたジャンルは珍しいかもしれません。
ラムちゃんかわいいし、らんまもかわいいのですが、
「萌え」と言い表わすのはナンか違う気がします。
妹萌え〜とか、いいんちょ萌え〜とか、記号萌えじゃないからかな。
同じく『BL(ボーイズラブ)』という言葉も縁遠い感じがしますね。

Home > 萌え語り > 原作におけるツボなあた若エピソード

タグクラウド

Return to page top