FC2ブログ

Home > やまだ日常 > 12・13巻

12・13巻

とうとう12・13巻を買いましたよ!
どちらも良牙の出番がいっぱいあって、おいしい巻だったんですね…!
今回は12巻13巻を読んでて思ったことを少し書きます。

今までらんまは何度も何度も読み返してきて、どの話も台詞がそらで
言えるほど頭に入っていて、私にとっては馴染み深いものなんですが、
長らく読んでいなかった12巻13巻を読んでびっくりしました。
らんまってこんなに面白かったんだ…。
楽しく笑いながら読んでいたら、キャラクターの表情とかコマ割とか台詞に
心臓を素手で掴まれたような気持ちになって、読んでて鳥肌が立ちます。
これはちょっとばかりおそろしい衝撃です。
高橋先生ってギャグのテンポの中に生々しい心の動きを混ぜ込むのが
本当に上手ですね。
らんまは特に、そういうドキッとするような要素とギャグの要素の
(少年誌としての)バランスが絶妙だと思います。
比較的低年齢向け(?)作品でしょうに、まんがの奥深さを感じました。
今さらですけど高橋先生ってやっぱりまんがのプロなんですね…。
支持されるはずだあ。

らんまの話じゃないですが、
私が短編読みきり「迷走家族F」を好きなのも、家族とのドライブ中の
盛り上がりの中や、先輩への片思い/失恋の盛り上がりの中に匂わされる
主人公のはづきの「不安が適中したらどうしよう…」というドキドキした
暗い危惧がとてもリアルに描かれていて共感を覚えるからです。
それと、ラストでの父さんの行動による、それまでの和やかな雰囲気から
血が凍るようなシリアスな場面への急激な切り替えの大技が凄いからです。

Home > やまだ日常 > 12・13巻

タグクラウド

Return to page top